ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > ニュース&トピックス > トピックス > 重要なお知らせ > 夜間・長距離運行の貸切バスにおける交替運転者の配置基準について

夜間・長距離運行の貸切バスにおける交替運転者の配置基準が定められました

○ 平成24年4月29日に発生した関越自動車道における高速ツアーバス事故を受けて、国土交通省は、7月に、高速ツアーバス等の夜間運行における交替運転者の配置基準等を定め、7月20日より適用されています。

 この度、国土交通省は、これに加え、高速ツアーバス以外の夜間・長距離運行する貸切バスについて、交替運転者の配置基準を定めました。この配置基準は平成24年12月1日から適用されています。

 

○ 高速ツアーバス等の夜間運行における交替運転者の配置基準等(平成24年7月20日から適用)の概要

 高速ツアーバス等の夜間運行において、一運行あたり、以下の運行距離又は乗務時間を超える場合は、交替運転者を必要とすることとされています。

  • 事業者が特別な安全措置を実施せず、その内容について公表していない場合であって、実車距離が400kmを超える場合
  • 事業者が特別な安全措置 を実施し、その内容について公表している場合であって、実車距離が500kmを超える場合
  • 1人の運転者の乗務時間が10時間を超える場合

 

○夜間・長距離運行する貸切バスにおける交替運転者の配置基準(平成24年12月1日から適用)の概要

 夜間運行する貸切バス(高速ツアーバス等以外の貸切バス)は、一運行あたり、実車距離が400kmを超える場合は、交替運転者を必要とすることとされています。
 ただし、以下のイ又はロのいずれかに該当する場合は、実車距離が500kmを超えるときに交替運転者を必要とすることとされています。

 事業者が特別な安全措置を実施し、その内容について公表している場合であって、運転者の乗務時間が10時間を超えない場合

 事業者が運転者に与える休息期間及び休憩が以下のいずれも満たす場合

  • 運行直前の休息期間が11時間以上であること
  • 運行計画において、連続運転時間を概ね2時間以内とし、運転時間概ね2時間ごとに20分以上の休憩を確保していること
  • 実車距離100kmから400kmまでの間に適切な仮眠施設において、仮眠をするための連続1時間以上の休憩を確保していること

 

周知・広報用リーフレット

 

関連リンク

 


 

※ これらの交替運転者の配置基準を遵守することは、バス運転者の労働条件の向上にもつながると考えられますので、労働局・労働基準監督署でも周知を図っています。

※ 交替運転者の配置基準の詳細な内容については、お近くの地方運輸局・運輸支局へお問い合わせください。

 

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 監督課 TEL : 088-885-6022

高知労働局 〒780-8548 高知市南金田1番39号

Copyright(c)2000-2011 Kochi Labor Bureau.All rights reserved.