ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > ニュース&トピックス > トピックス > 重要なお知らせ > 高速ツアーバス等の夜間運行における交替運転者の配置基準等について

高速ツアーバス等の夜間運行における交替運転者の配置基準等が定められました

○ 平成24年4月29日に発生した関越自動車道における高速ツアーバス事故を受けて、国土交通省は、旅客自動車運送事業運輸規則の解釈等を示した通達の一部を改正し、交替運転者の配置基準等を定めました。この交替運転者の配置基準等は平成24年7月20日から適用されます。

○ 交替運転者の配置基準等の概要

  1 交替運転者の配置基準
高速ツアーバス等(注1)の夜間運行(注2)において、一運行あたり、以下の運行距離又は乗務時間を超える場合は、交替運転者を必要とすることとされています。

  ・ 事業者が特別な安全措置を実施せず、その内容について公表していない場合であって、実車距離(注3)が400kmを超える場合

  ・ 事業者が特別な安全措置を実施し、その内容について公表している場合であって、実車距離が500kmを超える場合

  ・ 1人の運転者の乗務時間(注4)が10時間を超える場合

 

  (注1) 高速ツアーバス等とは・・・高速ツアーバス(高速道路を経由する2地点間の移動のみを主たる目的とする募集型企画旅行として運行される貸切バス)及び会員制高速バス(会費を支払った会員向けに一定期間乗り放題等の形態で提供される、高速道路を経由する2地点間の移動サービスのために運行される貸切バス)

  (注2) 夜間運行とは・・・運行開始時刻又は終了時刻が、深夜2時から早朝4時までのいずれかに入るか、または運行時間帯が当該時刻をまたぐ運行

  (注3) 実車距離とは・・・利用者の乗車の有無にかかわらず、旅行業者が、利用者が乗車可能な区間として設定した起点から終点までの距離

  (注4) 乗務時間とは・・・当該運行の出庫から入庫までの時間

  

 2 サービスエリア等における休憩について
 運転者が強い疲労感を覚えた際には、運行管理者に事前通報なく運行経路を変更して、サービスエリア等で休憩できることとされています。

 

    周知・広報用リーフレット

国土交通省リーフレット:高速ツアーバス等の交替運転者の配置基準を策定しました(998KB; PDFファイル)

関連リンク

       国土交通省報道発表資料:高速ツアーバス等の過労運転防止のための交替運転者の配置基準等の策定について

 


 

  ※ この交替運転者の配置基準等を遵守することは、バス運転者の労働条件の向上につながると考えられますので、労働局・労働基準監督署でも周知を図っています。

  ※ 高速ツアーバス等の夜間運行における交替運転者の配置基準の詳細な内容については、お近くの地方運輸局・運輸支局へお問い合わせください。

 

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 監督課 TEL : 088-885-6022

高知労働局 〒780-8548 高知市南金田1番39号

Copyright(c)2000-2011 Kochi Labor Bureau.All rights reserved.