ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > ニュース&トピックス > 労働基準監督署からのお知らせ(監督署の一覧) > 須崎労働基準監督署 > 安全衛生サポートセミナー『これからの化学物質管理~安衛法改正とリスクアセスメント~』を開催しました。

安全衛生サポートセミナー『これからの化学物質管理~安衛法改正とリスクアセスメント~』を開催しました。

 須崎労働基準監督署は、平成28年2月10日に須崎署管内の製造業の皆様を対象に、安全衛生サポートセミナー『これからの化学物質管理~安衛法改正とリスクアセスメント~』を開催しました。

 このセミナーは、先般、全国で問題となった化学物質の使用による胆管がんの発症等を受けて労働安全衛生法が改正され、平成28年6月から、一定の危険性・有害性が確認されている化学物質を使用する場合、化学物質による危険性・有害性等の調査(リスクアセスメント)の実施が事業者の義務となりますが、このような法改正を受けてリスクアセスメントを初めて実施する製造業の皆様にも参考となる知識や情報を提供する目的で開催したものです。

 セミナーでは、当署担当者から「労働安全衛生法改正のポイント」や「最近の化学物質にかかる労働災害事例」などについて説明を行い、講師としてお招きした安全衛生の専門家講師から「これからの化学物質管理~化学物質のリスクアセスメント~」と題する講演を行っていただき、SDS(セーフティ・データ・シート)を用いた化学物質の管理方法や簡便なリスクアセスメント手法である「コントロール・バンディング」を用いたリスクアセスメントの進め方などについて丁寧に説明をしていただきました。

 終了後のアンケートでは、今後、「コントロール・バンディング」を用いて化学物質のリスクアセスメントを実施したいといった声が多く寄せられました。

 須崎労働基準監督署では、これからもリスクアセスメント等の安全衛生の取組に対する指導援助を行っていくこととしていますので、リスクアセスメントの実施に当たりご不明な点がございましたらお気軽にご相談下さい。

 なお、「コントロールバンディング」を用いてリスクアセスメントを実施するに当たっては、以下のリンク先をご活用下さい。

(簡易なリスクアセスメント手法「コントロール・バンディング」)

       http://anzeninfo.mhlw.go.jp/ras/user/anzen/kag/ras_start.html

 

(リーフレット)

労働安全衛生法が改正されます~平成26年中から平成28年6月までの間に順次施行~(1086KB; PDFファイル)

労働災害を防止するためリスクアセスメントを実施しましょう(2209KB; PDFファイル)

化学物質を扱う際には、保護具を適切に使用しましょう。(408KB; PDFファイル)

 

                P2100026.JPG 

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 健康安全課 TEL : 088-885-6023

高知労働局 〒780-8548 高知市南金田1番39号

Copyright(c)2000-2011 Kochi Labor Bureau.All rights reserved.