「林業安全大会 in 須崎」を開催しました

 須崎労働基準監督署は、平成27年7月28日に須崎市で林業安全大会を開催しました。

 この大会は、昨年管内の林業現場で、死亡災害が続いたことや休業災害の発生率が非常に高いことから、林業現場における死亡災害の根絶と災害の大幅な減少を実現するために、今回はじめて開催したものです。

 大会は、管内で働いている林業従事者(管内の林業雇用労働者の半数以上の参加をいただきました。)のほか、建設業の伐木従事者や自伐林家の皆様、森林管理署等行政関係者にも参加いただき、約200人の林業関係者が集結しました。

 大会では、『自分の安全は自分で守る』というテーマを設け、北欧スタイル、先進森林組合の事例紹介や各森林組合における安全装備自慢の方の紹介など「安全な服装と装備」について理解を深めていただいた後、安全衛生の専門家講師から「今日の作業の危険予知、指差呼称で安全確保」と題する「自分の安全を守るための方法」について講演をしていただきました。最後に、下記の大会宣言が採択され、死亡災害の根絶と若者にとって魅力ある林業づくりへの努力邁進を参加者全員で誓い合いました。

 高知県の中山間地域にとって、林業はその将来を担う主力産業であり、若者が数多く就労する魅力的な産業として、成長していくことが重要とされています。

 須崎労働基準監督署では、管内の主要産業である林業の発展に資するため、今後も全力で支援していくこととしています。

              写真(左).jpg     

              写真(右).jpg

  

 

         (大会宣言)(4KB; PDFファイル)

  

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 健康安全課 TEL : 088-885-6023

高知労働局 〒780-8548 高知市南金田1番39号

Copyright(c)2000-2011 Kochi Labor Bureau.All rights reserved.