STOP墜落災害プロジェクトセミナーを開催しました

 須崎労働基準監督署は、平成27年6月10日に須崎市で管内の建設業の皆様を対象に、『STOP墜落災害プロジェクト2015セミナー』を開催しました。

 このセミナーは、当署管内の建設業における労働災害の半数が墜落災害であり、墜落災害は頭部を負傷しての重篤災害になりやすいことから、「墜落災害を撲滅し、労働災害を半減させる」ことを目的としたプロジェクトの一環として開催したものです。

 大会は、165社170名の建設事業者と10機関32名の地方公共団体の発注担当者に参加いただきました。

セミナーでは、当署担当者から「墜落災害事例」、「本年7月1日より施行される足場からの墜落防止対策の強化に伴う労働安全衛生規則の改正」、「建設労働者に関する労働基準関係法令のポイント」などについて説明を行い、講師としてお招きした安全衛生の専門家講師から「あなたの知識と努力で職場の墜落災害は防げる」と題する講演をしていただきました。

 終了後のアンケートでは、有意義な内容であり、足場や手すり設置の徹底、保護具使用の徹底、指さし呼称の実施、現場での安全教育の徹底などに取り組んで行きたいという意見が多く寄せられました。

 建設業は、地域経済への貢献度が大きい業界です。建設事業者の皆様には「安全で、安心して働ける、安定した職場づくり」に努めていただき、若者の雇用を増やし、地域経済の主力産業として発展していくことが期待されています。

 須崎労働基準監督署では、今後も建設業の皆様に対して安全衛生や労務管理の取組に対する指導援助を行っていくこととしています。

 

(説明会配布資料(一部))

労働災害発生状況等(297KB; PDFファイル)

墜落転落災害の防止のための安全衛生規則(抜粋)(123KB; PDFファイル)

足場からの墜落防止のための措置を強化します(580KB; PDFファイル)

足場の設置が困難な屋根上作業での墜落災害防止対策のポイント(677KB; PDFファイル)

建設業労働者に関する労働基準関係法令のポイント(197KB; PDFファイル)

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 健康安全課 TEL : 088-885-6023

高知労働局 〒780-8548 高知市南金田1番39号

Copyright(c)2000-2011 Kochi Labor Bureau.All rights reserved.