労働基準監督官採用試験のご案内

1 労働基準監督官とは

 

 全国では、約430万の職場で約5,200万人が働いています。

 働く人にとって安心・安全な職場環境を実現するためには、労働基準法などで定められた労働条件が確保され、その向上が図られることが重要です。 

 労働基準監督官は、労働基準関係法令に基づいてあらゆる職場に立ち入り、法に定める基準を事業主に守らせることにより、労働条件の確保・向上、働く人の安全や健康の確保を図り、また、不幸にして労働災害にあわれた方に対する労災補償の業務を行うことを任務とする厚生労働省の専門職員です。 

 

2 労働基準監督官の仕事の内容は

 

労働基準監督官は、主に次の仕事を行っています。

 

・臨検監督

 労働基準関係法令に基づき、定期的あるいは労働者からの相談等を契機として、事業場に立ち入り、関係労働者の労働条件や健康管理状況等について調査し、労働基準関係法令違反が認められた場合には、その是正のための行政指導を行うほか、危険性の高い機械・設備などについては、その場で使用停止等を命ずる行政処分を行っています。

 

・災害調査

 工場や工事現場等において、死亡災害などの重篤な労働災害が発生した場合、直ちに災害発生現場に赴いて災害発生状況やその原因等について調査し、再発防止のための必要な指導を行っています。

 

・司法処分

 事業主が労働基準関係法令に違反し、これが重大又は悪質な場合には、刑事訴訟法に基づく特別司法警察員として捜査を行い、検察庁に送検しています。

 

・安全衛生業務

 労働災害を防止するための労働災害発生状況の把握・分析を行うとともに、労働災害を発生させた事業場に対し、同種災害を防止するための指導を行っています。また、労働安全衛生法に基づき、一定の機械の設置等を行うために届け出られた計画の審査やクレーン等の検査等を行っています。

 

・労災補償業務

 労働者災害補償保険法に基づき、業務上の事由又は通勤による労働者の負傷、疾病、障害、死亡等に対して、必要な保険給付を行うため、請求された個々の事案ごとに、事実関係を把握するため、被災者や事業場関係者等からの聴き取り、関係資料の収集及び実地調査を行うとともに、必要に応じて、主治医や専門家から医学的な意見を求めた上で、審査を行っています。 

 

  ◆厚生労働省ホームページ

    労働基準監督官の仕事

    労働基準監督署の役割

         若手監督官の一日  

 

3 労働基準監督官になるためには

 

  労働基準監督官になるためには、労働基準監督官採用試験に合格する必要があります。

  学歴は不問ですが、年齢制限があります。

   

労働基準監督官採用試験 

◆受験資格(平成29年度採用試験)

 1 昭和62年4月2日~平成8年4月1日生まれの者

 2 平成8年4月2日以降生まれの者で次に掲げるもの

(1) 大学を卒業した者及び平成30年3月までに大学を卒業する見込みの者

(2)人事院が(1)に掲げる者と同等の資格があると認める者

 

◆ 採用予定者数(平成29年度採用予定者数)

労働基準監督A (法文系)  約170名

労働基準監督B (理工系)   約 40名

 

◆採用後の研修・処遇について

    採用後の研修・処遇 

 

◆採用試験問題例

    採用試験問題例 (人事院ホームページ)

 

◆厚生労働省ホームページ

  労働基準監督官採用試験

 

◆報道発表資料

  「平成29年度労働基準監督官試験の日程等が決定いたしました」

    ・広報文「本文」

   ・別添1 リーフレット「労働基準監督官採用試験2017」

   ・別添2 平成29年度 国家公務員 労働基準監督官採用試験 受験案内 

 

  

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 監督課 TEL : 088-885-6022

高知労働局 〒780-8548 高知市南金田1番39号

Copyright(c)2000-2011 Kochi Labor Bureau.All rights reserved.