雇用環境・均等室の助成金

職場意識改善助成金 

年次有給休暇の取得増加や所定外労働の削減など、労働時間の設定改善に取り組む。

 職場環境改善コース

労働基準法の特例で法定労働時間が週44時間とされている事業場において、労働時間の短縮に取り組み、週40時間以下とする。

 所定労働時間短縮 コース

 36協定の限度基準を超える特別条項を結んでいる事業主が、労働時間を短縮する取組を行い、限度基準以下の上限設定を行う。

 時間外労働上限設定コース

 勤務間インターバルを新たに導入する。または、すでに導入済みの勤務間インターバルの適用範囲の拡大、時間延長を行う。

 勤務間インターバル導入コース

 在宅またはサテライトオフィスにおいて就業するテレワークを新たに導入する。

(試行的に導入している事業主も対象です) 

 テレワークコース

 

業務改善助成金

労働能率の増進に資する設備 ・器具を導入することにより、事業場内の賃金を引き上げる。

 

受動喫煙防止対策助成金 【厚生労働省HP】

喫煙室以外での喫煙を禁止するために喫煙室を設置するなどの受動喫煙防止に取り組む。

 

退職金共済制度に係る新規加入等掛け金助成 【厚生労働省HP】

新しく中小企業退職共済制度に加入する事業主や掛け金月額を増額する事業主に、掛け金の一部を国が助成する。

 

両立支援等助成金 

 男性労働者が育児休業を取得しやすい職場風土作りに取り組み、男性労働者に

その養育する子の出生後8週間以内に開始する育児休業を取得させる。

 出生時両立支援コース

 仕事と介護の両立に関する取組を行い、介護休業を取得後職場復帰させる、または介護制度を利用させる。

介護離職防止支援コース

 育児休業取得者の代替要員を確保し、休業取得者を原職等に復帰させる。

 育児休業等支援コース

(代替要員確保時)

 「育休復帰支援プラン」を作成し、プランに沿って労働者に育児休業を取得、職場復帰させる。

育児児休業等支援コース

(育休取得時・職場復帰時)

 妊娠、出産、育児又は介護を理由として退職した者が、就業が可能となった時に復職でき、適切に評価され、配置・処遇される再雇用制度を導入し、希望する者を採用する。

 再雇用者評価処遇コース

  事業所内保育施設を設置・増設・運営する。

 事業所内保育施設コース

  女性活躍推進法に基づき、自社の女性の活躍に関する「数値目標」、「行動計画」を策定して、女性の活躍推進に取り組む。

女性活躍加速化コース

 

「育児・介護休業規定」の点検を行っています。

   「両立支援助成金」を申請される際は、「育児・介護休業規定」等を添付していただくことになっています。

  専門の指導員が、「育児・介護休業規定」の点検を行っていますので、お気軽にご相談ください。

 

一般事業主行動計画の策定・届出・周知・公表について、相談を受け付けています。

   「両立支援等助成金」では、一般事業主行動計画の策定・届出・公表・周知が要件の一つとなっています。

  専門の指導員が相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。  

この記事に関するお問い合わせ先

雇用環境・均等室 TEL : 088-885-6041

高知労働局 〒780-8548 高知市南金田1番39号

Copyright(c)2000-2011 Kochi Labor Bureau.All rights reserved.