ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 安全衛生関係 > 法令・制度 > 足場からの墜落防止ための措置が強化されました(平成27年7月1日から施行)

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

足場からの墜落防止ための措置が強化されました(平成27年7月1日から施行)

  足場からの墜落・転落災害の防止については、平成216月に労働安全衛生規則を改正し、足場、架設通路及び作業構台の墜落防止措置等の見直しを行ったところですが、当該見直しに係る労働災害防止の効果等を検証し、必要な対策について更なる推進を図る必要があるとの観点から、専門家による「足場からの墜落防止措置の効果検証・評価検討会」(以下「検討会」という。)において、足場からの墜落・転落災害の防止対策の検討が行われました。

 今般、検討会において足場からの墜落・転落災害の防止対策について報告書が取りまとめられ、その結果を踏まえ、足場等からの墜落・転落に係る労働災害防止対策の強化を図ることとし、労働安全衛生規則の一部及び足場からの墜落転落災害防止総合対策推進要綱の改正が行われました。

 

 

 改正の概要は次のとおりです。

 

 

<改正労働安全衛生規則の概要>

 

1 足場の組立てなどの作業の墜落防止措置を充実

 ◆足場材の緊結などの作業を行うときは幅40cm以上の作業床を設置してください。

 ◆安全帯取付設備を設置し、労働者に安全帯を使用させてください。

 

2 足場の組立てなどの作業に特別教育が必要

足場の組立て、解体または変更の作業に特別教育が必要になります。

 高さ及び足場の種類には関係なく、別々の作業床と支持物を一つに組み立てるなどの足場については必要になります。

ただし、作業床と支持物が一体の構造で折りたたんであるものを単に広げるものは不要で、こうしたものにオプションとして付いているものがある付属手すりをつける場合も不要です。

なお、詳細については労働局又は所轄労働基準監督署にお問い合わせください。

 

  →高知県での特別教育は,

        建設業労働災害防止協会高知県支部

        四国安全研修センター

  において実施を予定しています。

 詳細は

    建設業労働災害防止協会高知県支部ホームページ

    四国安全研修センターホームページ 

 を参照してください。

 

3 足場の組立てなどの後は注文者も点検が必要

 建設業、造船業の元請事業者等の注文者は、足場や作業構台の組立て・一部解体・変更後、次の作業を開始する 前に足場を点検・修理してください。

 

4 足場の作業床に関する墜落防止措置を充実

 ◆床材と建地との隙間は12cm未満としてください。

 ◆作業の必要上、足場や架設通路、作業構台から臨時に手すりなどを取り外す場合は、関係労働者以外の立入を禁止し、作業終了後は直ちに元に戻してください。

 

5 鋼管足場(単管足場)に関する規定の見直し

  鋼管足場の建地の最高部から測って31mを超える部分の建地は、鋼管を2本組とすることとしていましたが、建地の下端に作用する設計荷重が最大使用荷重を超えないときは、その必要はありません。

 

 

<足場からの墜落・転落災害防止対策総合対策推進要綱の概要> 

 

1 足場の組立図を作成しましょう

 足場の組立図を作成し、手すりなどの足場用墜落防止設備の設置や足場の点検を 確実に行いましょう。

 

2 足場の組立て等作業主任者の能力向上を図りましょう

  労働安全衛生法第19条の2に基づき、定期的に「足場の組立て等作業主任者能力向上

教育」を受講させるよう努めましょう。

 

3 上さん・幅木の設置など「より安全な措置」をとりましょう

 下図にあるような「より安全な措置」をとりましょう。

 足場.png

 (1)特に足場の建地の中心間の幅が60cm以上の場合、足場の後踏側(躯体側と反対側)には、荷揚げなどの作業に支障がある箇所を除いて、次の措置をとりましょう。

  イ わく組足場では、下さんの代わりに、高さ15 cm以上の幅木※を設置

    ※ なるべく背の高い幅木にしましょう。

  ロ わく組足場以外の足場では、手すりや中さんに加えて幅木などを設置

 (2)わく組足場について、特に足場の後踏側には、荷揚げなどの作業に支障がある箇所を除いて、上さんを設置しましょう。

 

4 足場の点検は、十分な知識・経験を有する方で、組立てなどの作業の当事者以外の方が行いましょう

 事業者や注文者が行う足場の組立て、一部解体または一部変更の後の点検は、

 (1)足場の組立て等作業主任者で、足場の組立て等作業主任者能力向上教育を受講している方、労働安全コンサルタント(試験の区分が土木または建築である方)など労働安全衛生法第88条に基づく足場の設置等の届出についての「計画作成参画者」に必要な資格がある方、全国仮設安全事業協同組合が行う「仮設安全監理者資格取得講習」、建設業労働災害防止協会が行う「施工管理者等のための足場点検実務研修」を受けた方など、十分な知識・経験がある方によって、チェックリストに基づき点検を行いましょう。

 (2)足場の組立てなどの作業に直接従事した以外の方が行うことで、客観的で的確なものとしましょう。

 

5 足場で作業を行う労働者などの安全衛生意識の高揚を図りましょう

 足場上での作業手順の徹底や、足場の点検による墜落防止設備の不備をなくし、不安全行動を生じさせないような安全意識の高揚を図りましょう。

 

 

労働安全衛生規則の一部を改正する省令 新旧対照条文(168KB; PDFファイル) 

改正安衛則の解釈例規(34KB; PDFファイル)

足場からの墜落・転落災害防止総合対策推進要綱(216KB; PDFファイル)

足場に係る労働安全衛生規則の改正事項(平成27年7月施行)等自主点検表(10KB; PDFファイル)

足場等の種類別点検チェックリスト(34KB; PDFファイル)

 

さらに詳しい内容・パンフレットなどは厚生労働省ホームページでご確認いただけます。

  http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000081490.html

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 健康安全課 TEL : 088-885-6023

高知労働局 〒780-8548 高知市南金田1番39号

Copyright(c)2000-2011 Kochi Labor Bureau.All rights reserved.