Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

職場における腰痛予防対策について

 職場での腰痛は、休業4日以上の職業性疾病のうち6割を占める労働災害となっていることから、厚生労働省では、

「職場における腰痛予防対策指針」を策定して、職場における腰痛予防対策を推進しています。

 

○ 職場における腰痛予防対策指針

        (指針の構成) 

   1  一般的な腰痛予防対策の総論

(1) はじめに(指針の趣旨・目的等)

(2) 作業管理(自動化・省力化、作業姿勢等)

(3) 作業環境管理(温度、照明、作業床面等)

(4) 健康管理(腰痛健診、腰痛予防体操等)

(5) 労働衛生教育(腰痛要因の低減措置等)

(6) リスクアセスメント、労働安全衛生マネジメントシステム

 2 作業態様別の対策(腰痛の発生が比較的多い5つの作業)

(1)  重量物取扱い作業

(2)  立ち作業(製品の組立、サービス業等)

(3)  座り作業(一般事務、VDT作業、窓口業務、コンベア作業等)

(4)  福祉・医療分野等における介護・看護作業

(5)  車両運転等の作業(トラック、バス・タクシー、車両系建設機械等の操作・運転)

 

職場における腰痛予防対策指針及び解説

                   参考1~9 

 

○ 職場での腰痛を予防しよう!(パンフレット)  

○ 介護・看護作業による腰痛を予防しましょう(パンフレット)

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 健康安全課 TEL : 088-885-6023

高知労働局 〒780-8548 高知市南金田1番39号

Copyright(c)2000-2011 Kochi Labor Bureau.All rights reserved.