ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 安全衛生関係 > 労働衛生関係 > 平成28年6月1日から化学物質リスクアセスメントの実施が義務化されました。

平成28年6月1日から化学物質リスクアセスメントの実施が義務化されました。

                        『ラベルでアクション』

 

          化学品のラベル(絵表示)を見たら有害性情報を確認し、対策を実施しましょう!

 

 労働安全衛生法の改正により、「化学物質に係るリスクアセスメント(H28.6.1施行)」の実施が義務化されました。高知労働局では化学品のラベルを見たら、アクションを起こす「ラベルでアクション」を呼びかけることとしました。

 

ア.化学物質のラベルを確認して危険・有害性を特定、また、安全データシート(SDS)を入手し

  て、リスクを見積り、リスクの低減措置の内容を検討、実施する。

 

イ.リスクの見積もりには、化学物質リスク簡易評価法(コントロール・バンディング)を活用する。

  (厚生労働省HP)

 

「ラベルでアクション」(185KB; PDFファイル)

 

「化学物質リスクアセスメント」関係について(厚生労働省HP)

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 健康安全課 TEL : 088-885-6023

高知労働局 〒780-8548 高知市南金田1番39号

Copyright(c)2000-2011 Kochi Labor Bureau.All rights reserved.